menu

HOME > 

こんなときは?

ペットに病気があるときに、よくみられる症状を以下にあげてみました。
あくまでも参考ですので、ささいなことでもお気軽にご相談ください。元気そうにみえていても、後で深刻な状態にあることもあります。早期発見、早期治療を心がけてくださいね。

0265-23-1137

早期発見、早期治療を心がけてください

挿絵
呼吸が苦しそう

咳が出る。また十分な呼吸ができず苦しそう。舌が紫色になる。あえぎだり、途中息が止まってしまう。

挿絵
嘔吐や下痢

嘔吐、または下痢をしている。

挿絵
排尿、排便ができない

排便、排尿の姿勢をとるだけで、尿・便が出ない。元気がなくなってきた。

挿絵
多飲、多尿

最近よく水を飲むようになった。また、尿の回数も多い。

挿絵
体のバランスがとれない

まっすぐ歩けない(よろよろしている)。眼が激しく動いている。全身がふるえる。首が斜めになっている

挿絵
痒がる

絶え間なく掻く。毛が抜け、出血を認める。

挿絵
けが

動物同士による咬傷や原因不明の腫れがみられる。

挿絵
体にしこりがある

腫瘍や化膿などの疑い。

挿絵
起立困難

急に後肢がたたない。後肢がふるえる。

挿絵
足が着かない

足が急に着かなくなった。触ると嫌がる。

挿絵
腹囲が大きくなってきた

最近腹囲が増してきた。また、運動量も減る。

挿絵
体重が減ってきた

元気食欲はあるのに、なぜか体重が減ってきた。

挿絵
口臭が臭い

よだれが多く出るようになった。臭いがくさい。

挿絵
くしゃみや目やにが出る

風邪の症状を起こす伝染病があります。

0265-23-1137

早期発見、早期治療を心がけてください